3 Works in Katsuki Yuuri/Morooka Hisashi

Listing Works

  1. Tags
    Summary

    年齢制限:R-18

    CP種別:男/男

    主要CP(AO3表記順):勇利/ヴィクトル
    他描写のあるCP:クリス/勇利、勇利/JJ、勇利/ギオルギー(短い描写)、勇利/エミル(短い描写)、勇利/諸岡(短い描写)
    他の人間関係:ピチット&勇利(CPなし)

    主要登場キャラクター:勇利、ヴィクトル

    追加タグ:パロディ元ネタ「Black Mirror: Hang the DJ」、Slow Burn (もだもだする話)、Mild Angst (ちょっと切ない話)、Matchmaking (お見合い)、Blowjobs (フェラ)、Anal Sex (アナルセックス)、hand jobs (手淫)

    訳註:ヴィク勇・勇ヴィク、挿入ありのリバです。(他の挿入はクリ勇、J勇です)

    ------------

    概要

    「いいよ、それじゃあ……最初はね、君はきっとサイコパスで、このシステムはやばいカルト宗教かなんかで、きっと俺は攫われて、俺たちの生き血を使った儀式に無理矢理参加させられるんじゃないかと思ってたんだ」
    ヴィクトルは頷く。

    勇利が口を開く前に、一瞬の間が降りる。
    「そのあと悪魔と結婚させられたり?」
    睫毛を瞬かせながら勇利が尋ねる。

    「そうだね、悪魔と結婚させられる」

    ----

    全ての出来事には理由がある世界

    Language:
    日本語
    Words:
    63,214
    Chapters:
    1/1
    Hits:
    197
  2. Tags
    Summary

    Japanese translation of ebenroot's let's go away for a while. Thank you so much to the wonderful ebenroot-san for kindly granting us permission to translate!!!

    ------------

    年齢制限:R-18

    CP種別:男/男

    主要CP(AO3表記順):勇利/ヴィクトル
    他描写のあるCP:クリス/勇利、勇利/JJ、勇利/ギオルギー(短い描写)、勇利/エミル(短い描写)、勇利/諸岡(短い描写)
    他の人間関係:ピチット&勇利(CPなし)

    主要登場キャラクター:勇利、ヴィクトル

    追加タグ:パロディ元ネタ「Black Mirror: Hang the DJ」、Slow Burn (もだもだする話)、Mild Angst (ちょっと切ない話)、Matchmaking (お見合い)、Blowjobs (フェラ)、Anal Sex (アナルセックス)、hand jobs (手淫)

    【訳註:本作品はヴィク勇・勇ヴィク、挿入ありのリバです。他の挿入はクリ勇、J勇です。挿入なしで、上記のCPが出てきます。また、ピチ→スンの言及があります。上記CPの書き順に左右の意味はなく、AO3内のタグ表記そのままです。】

    【訳註:AO3はログインなしにR-18作品が読めます。この概要の上に黄色いアダルトコンテンツである旨を示す注意書きがありますが、その右下の「Proceed」を押すと、本文が表示されます。また、ログインなしにkudo(いいね)を押せますので、面白いと思ったらぜひ本文最後の一番下からクリックお願いします!】

    ------------

    概要

    「いいよ、それじゃあ……最初はね、君はきっとサイコパスで、このシステムはやばいカルト宗教かなんかで、きっと俺は攫われて、俺たちの生き血を使った儀式に無理矢理参加させられるんじゃないかと思ってたんだ」
    ヴィクトルは頷く。

    勇利が口を開く前に、一瞬の間が降りる。
    「そのあと悪魔と結婚させられたり?」
    睫毛を瞬かせながら勇利が尋ねる。

    「そうだね、悪魔と結婚させられる」

    ----

    全ての出来事には理由がある世界

    Language:
    日本語
    Words:
    63,277
    Chapters:
    1/1
    Comments:
    2
    Kudos:
    90
    Bookmarks:
    5
    Hits:
    1350
  3. Tags
    Summary

    “...Okay...I thought that...you’d be some sort of psychopath, and the system is actually some crazy cult and I’d get kidnapped and be forced into some blood ritual with you,” Victor admits.

    There's a moment's pause before Yuuri speaks. “Would we get married to Satan afterwards?” he asks with a bat of his eyelashes.

    “We’d probably get married to Satan, yes."

    --

    wherein everything happens for a reason

    translated into Japanese

    Language:
    English
    Words:
    27,602
    Chapters:
    1/1
    Comments:
    68
    Kudos:
    556
    Bookmarks:
    125
    Hits:
    5560

Filters

Filter results:
Submit

Include

?
Include Ratings
Include Warnings
Include Categories
Include Fandoms
Include Characters
Include Relationships
Include Additional Tags

Exclude

?
Exclude Ratings
Exclude Warnings
Exclude Categories
Exclude Fandoms
Exclude Characters
Exclude Relationships
Exclude Additional Tags

More Options

Crossovers
Completion Status
Word Count
Date Updated
Submit